あなたのシャンプーの詰め替えに対する知識は大丈夫?菌が繁殖する理由は?

シャンプーの菌

シャンプーを安く購入したい方は1回目はボトルで購入。2回目以降は詰め替えパウチでの購入という方が多いと思います。

 

そこで詰め替え時に気を付けたい事をご紹介します。

 

知らないでそのまま詰め替えると緑膿菌などの色々な細菌が繁殖してしまいますのでとても危険なんですよ^^;

 

 

シャンプーの詰め替え時に菌が発生する理由は?

シャンプーで菌が発生する理由として一番多いのが水で容器を洗うという行為です。

 

シャンプーの詰め替え時に一番やってはいけない事の1つなんですがこれを知らずに行っている方も多いと思います。

 

この水で洗ったことにより菌が繁殖する結果を招いてしまいます。

 

シャンプーにはもともと水が使われているのに何故?

シャンプー自体大半の成分が水でできていますが何故菌が繁殖しないのか?

 

それはシャンプーに防腐剤や防腐剤に代わる天然の成分などが含まれており、細菌の繁殖を抑えているからです。

 

水でボトルを洗うことにより、水から細菌が繁殖し、詰め替え用の新しいシャンプーと混ざってしまいます。

 

その結果、菌だらけのシャンプーという事になってしまうんですよね^^;

 

しかし、ボトルを水で洗ってはいけないという事ではなく、以下の事に注意して水洗いをすれば菌の繁殖を控える事ができます。

どんな菌が繁殖するのか?

緑膿菌

健康な状態でしたらそれほど人体に影響のある菌ではありませんが、免疫が低下している時や、小さなお子様、お年寄りの方は注意が必要です。
発熱、肺炎などの原因になったりもします。

 

セラチア菌

こちらも健康な状態でしたらそれほど人体に影響のある菌ではありませんが抵抗力が落ちている状態には注意が必要です。

 

病原性は高くはありませんが、肺炎、敗血症などの感染症の原因になったりします。

正しいシャンプー容器の水洗い方法

シャンプーの中身を使い終わったらすぐに水で綺麗に洗います。

シャンプーの中を隅々まで水で洗います。お風呂場などの場合はシャワーの状態でジャバジャバ中身を洗う事でよりシャンプー残りも少なくなり綺麗に洗うことができます。

 

ここで注意したいのが水で薄めてシャンプーを最後まで使用する方がいらっしゃいますが、これを行うのであれば最後の1回ですぐにボトルを洗うことを前提にしてください。

 

シャンプーを薄めた状態で何日も放置すると細菌が繁殖しますのでお気をつけください。

 

ボトルを逆さにして水分をしっかりぬく

水洗いで中身を綺麗にした後は逆さにして水分をしっかり抜きます。数日かけて中を完全に乾燥させます。

 

数日かけてボトルを乾燥させますので替えのボトルがもう1つないと厳しいですね^^;

 

すぐに詰め替え用シャンプーなどを入れたい場合はドライヤーなどで中身をしっかり乾燥させた後でしたら大丈夫です。

 

ドライヤーを使っても結構時間がかかりましたが^^;

 

あとは水洗いではなくお湯でしっかり洗う事でシャンプー残りも防げますし、ボトルが乾くのも早くなります。

 

ここで少しでも中に水分が残った状態ですと菌が繁殖しますので気を付けてください。

 

注意したい点

シャンプーの残りと詰め替え用のシャンプーが混ざらないようにしっかり中を洗いましょう。

 

洗った後、しっかり乾燥させることにより菌の発生を防いでくれます。

 

こちらをしっかりやれば菌を防ぐことはできますので安心、安全に使用する事ができますよ^^

 

ボトルはどのぐらいで交換すればよいの?

ボトルの交換には特に回数などはありません。

 

ネット上では回数などがでていますがこれはシャンプーメーカーにも問い合わせしましたが回数はないとの事でした。

 

容器が変形や壊れたりしたときで大丈夫ですので、自分のタイミングで大丈夫です。

 

 

詰め替えに関する知識のまとめ

いかがでしたでしょうか?
・今まで、知らずに水で薄めたり
・少なくなってきてつぎ足したり
・水で洗ってそのままシャンプーを入れ替えたりした事がある
このような方は多いと思います。
詰め替え用は金額もボトルに比べ安く、ボトルのゴミがでないという利点もありますが、方法を間違えると菌が繁殖してしまいます。

 

これらはシャンプーだけではなく、コンディショナーやボディーソープにも当てはまります。

 

面倒な手間をかけず清潔に使いたい方は毎回ボトルで購入する方が良さそうですね^^